EDI - 概要

EDIソリューション

認証登録番号:2001T_001

貴社のシステムを中小企業共通EDIに対応できます

​伝票スターEDIとは

EDIプロバイダと業務アプリをつなぐ

補完業務アプリです

基幹システムのデータとEDIメッセージを振り分けます

基幹システムのデータをデータの種類や得意先別に振り分けて帳票やEDIメッセージを作成します。

また、EDIからのデータを取り込むと業務システム用のデータに変換することができ、​受発注、出荷仕入業務をサポートします

さまざまなシステムとの連携が可能です

受発注、売上・仕入、請求などのデータをCSVで入出力できる基幹システムなら

​パッケージソフトやスクラッチ開発のシステムなどに関わらず伝票スターEDIと連携できます。

また、基幹システム次第でデータベースとのダイレクト連携も可能です。

​各業務システムとの連携例(他のシステムはお問い合わせください)

中小企業共通EDIの各種取引プロセスに対応

中小企業共通EDIの「注文」「出荷」「検収」の発注(バイヤ)および受注企業(サプライヤ)両方の取引プロセスに対応します。

業務アプリで共通EDIに対応できない部分は伝票スターが補います。

中小企業共通EDIの対応取引プロセス

中小企業共通EDIの次の取引プロセスに対応できます

発注企業(バイヤ)の発注業務【注文プロセス】

発注企業の業務アプリで作成した発注データを伝票スターが取込み、取引先別に適した発注方法に振り分けます。中小企業共通EDIに対応した仕入先には共通EDIの注文メッセージに変換します。そして、中小企業共通EDIサービスプロバイダにアップロードして受注企業に送信します。

EDI非対応の仕入先には注文書(帳票)を作成し、E-MailやFAXで相手に送信します。また、中小企業共通EDI以外のEDIにも対応します。

​このように、EDI対応・非対応企業が混在しても伝票スターEDIが適切な処理をします。

伝票スターEDI 注文プロセス/発注企業編【PCA商管-EcoChange連携】

受注企業(サプライヤ)の受注・出荷業務

受注業務(注文プロセス)

​バイヤ企業から送られてきた中小企業共通EDIの注文メッセージを伝票スターEDIが取込み、注文回答情報を入力できます。注文回答情報は伝票スターEDIが、EDIの注文回答メッセージに変換して共通EDIプロバイダにアップロードして発注企業に送信します。

そして、販売管理システムなどの業務アプリの受注データに変換して業務アプリに登録できます。​

売上・出荷業務(出荷プロセス)

業務アプリの売上データを伝票スターが取込み、取引先別に必要なEDIメッセージや帳票などに振り分けて生成します。

EDIメッセージは中小企業共通EDIの出荷案内メッセージとして共通EDIプロバイダにアップロードして発注企業に送信します。

また、納品伝票や客先指定伝票、宅配便の送り状そして出荷ラベルなどさまざまな帳票を作成でき、これらも取引先別に帳票を振り分けて生成します。

伝票スターEDI 注文プロセス/受注企業編【EcoChange-PCA商魂連携】

詳しくは下のボタンをクリック

EDI - 概要

東京都千代田区飯田橋4-6-9

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン